【あんスタ】瀬名泉アンチスレ28

DUGA

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/08/18(日) 13:02:36.92 ID:et9HJ+Xv0.net ?2BP(1000)

「ひるまずアニメ作る」 京アニ放火殺人1カ月、負傷の社員は仲間と前へ

京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、男女35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件は18日、発生から1カ月を迎える。
惨劇の現場から脱出した男性社員が京都新聞社の取材に応じ、瞬時に黒煙と熱風が迫ってきた状況を生々しく語った。今は、同僚と「ひるまず作り続けよう」と励まし合い、悲しみの中にも前を向き始めた。

「よくゲーム大会した」同僚も犠牲に

  腕と腰を負傷し救急搬送されたが、夜には帰宅できた。ニュースで放火事件だと知った。第1スタジオのほぼ全社員は消火・避難訓練に参加していたが、「消火器も避難経路も全く役に立たなかった」と振り返る。
 第1スタジオは全社員の約半数に当たる70人が働く京アニの中核施設。日常の風景を繊細なタッチで描く作風に憧れ、全国から集まった若者が原画や動画作成に取り組んでいた。
亡くなった35人のうち8割近くが20〜30代。男性は「次世代を担うクリエーターとして大切な存在。ライバルであり、仲間であり、家族だった」と唇をかむ。

 京アニの重鎮として若手を牽引(けんいん)した監督・作画監督の木上益治(きがみよしじ)さん(61)、
人気作品で監督を務めた武本康弘さん(47)ら共に京アニの発展を支えてきた同僚も犠牲になった。「僕の家でよくゲーム大会をした。酒を飲んで夜中まで騒いでね」

「僕が話すことで、次に助かる命あれば」

 取材に対応する理由は、「僕が話すことで、次に助かる命があれば」との思いがあるからという。今は仕事に復帰し、生き残った同僚と新作の製作に励む。
「仕事で手を動かす方が気が晴れる。皆、同じ気持ちでは」とおもんぱかる。「容疑者に対抗する一番の手段は、ひるまずに作ること。
従来通りの作品を従来通りのクオリティーで作っていきたい」。自らを奮い立たせるように語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00010001-kyt-l26

0件をまとめました。
最新情報はこちら

DUGA