【東京】アウディジャパン、VOGUE主催のファッションイベントに協賛 9月10日に表参道を拠点に開催

DUGA

1 :のっぺらー ★:2016/09/07(水) 23:44:19.14 ID:CAP_USER.net
アウディジャパンは9月10日に東京・表参道を拠点に開催されるVOGUE JAPAN主催「FASHION’S NIGHT OUT」に協賛すると発表した。

FASHION’S NIGHT OUT(FNO)は、世界的な不況で落ち込んだ経済活動をファッションの力で活性化しようというコンセプトのもと、
USヴォーグのアナ・ウィンター編集長の提唱により、ヴォーグを発行する国が一致団結し2009年に始まったグローバル・ファッション・イベント。

8回目の開催となる今年は、世界19か国でショッピングを通じてファッションが持つパワーや楽しさを伝えるという目的のもと実施する。
東京では表参道・青山・原宿エリアのショップを中心に、「VOGUE」と多数のブランドや地域団体が一体となりファッションの楽しさ、
ショッピングの楽しさを来場者に体験してもらう数々のイベントを実施。
アウディジャパンは、2008年から同イベントに協賛している。

当日は、表参道ヒルズ 本館1Fメインエントランス前に新型アウディ『R8』を展示するほか、
特設ボード前での写真撮影スポットやFNO会場内を回遊する「アウディ リムジン サービス」を実施。
来場客を好きなショップまで送りつつ、アウディの乗り味を体験してもらう。

イベントの模様は、10月28日発売の『VOGUE JAPAN』12月号に掲載される予定。

以下ソース:レスポンス
http://response.jp/article/2016/09/05/281255.html

2 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/07(水) 23:46:57.54 ID:eu046zhD

日本人をどうするんでしたっけ?

3 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/09(金) 16:00:07.96 ID:+AXondhf

FNO行きたいなーー
http://hiyake1696.com/6082/

4 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/12(月) 10:02:20.54 ID:/gY9k7nZ

(GU)ミリタリーブーツ ¥2,990 +消費税
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/276431
(GU)レザータッチスリッポンシューズB ¥1,990 +消費税
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/279492

靴はguが最高峰

(GU)レザータッチ2WAYショルダーバック ¥2,490 +消費税
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/276433
(GU)レザータッチクラッチバック ¥1,490 +消費税 
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/276438

鞄もguが最高峰

(GU)トレンチコート(ライナー付き)¥5,990 +消費税
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/280882
(GU)レザータッチバイカーブルゾン¥4,990 +消費税
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/280883

上着はguが最高峰

GU(ジーユー) PAPA -Early Autumn Collection- | MEN – Uniqlo
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/gu/papaearlyautumn/men/

おっさんの休日はguで確定

■■時代遅れの服装になったダサいファッション■■ [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/fashion/1472253985/l50

5 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/14(水) 12:54:19.22 ID:E9U4JF5o

ドイツ ブラウンシュヴァイク検察がVWエンジニアの証言に関心(Automobil Produktion)
                               2016年 9月 12日 午後2時37分 Uhr
https://www.automobil-produktion.de/hersteller/wirtschaft/staatsanwaelte-wollen-gestaendigen-vw-ingenieur-vernehmen-113.html

 ブラウンシュヴァイク検察がフォルクスワーゲン(VW)排ガス不正事件を巡る捜査に
関連してアメリカの連邦裁判所で有罪を認めた元VW社員の証言に関心を寄せている。

 「この社員がVWの排ガス不正に関与していたとすれば、非常に興味深い情報提供者
になる」と、ブラウンシュヴァイク検察官クラウス・ドローは語った。

 元VW社員ジェイムズ・リャン氏は、先週、アメリカの裁判所でVWの排ガス不正につい
て有罪を認めた。ブラウンシュヴァイク検察は、リャン氏をブランズウィックの検察本部に
召喚するか、アメリカ当局による調査の中で得られた証言を証拠として採用する許可を
アメリカ司法当局に求めているだろう。「我々はアメリカ市場に関連する事柄だけでなく、
捜査のための情報を必要としている」と、ドローは語った。

 この罪状認否にドイツ ブラウンシュバイク検察は強い関心を示している、とシュツット
ガルトツァイトゥングは報じた。起訴状でリャン氏は、アメリカ当局の捜査に全面的な協
力を約束している。このアメリカ当局の捜査で得られた情報は、アメリカ当局を通して書
類としてブラウンシュヴァイク検察に提供される。

 「リャン氏が捜査への協力を申し出てくれていることは非常に喜ばしい。リャン氏に対し
て質問を行い、それに基づいた証言が得られれば、そこからが我々の出番だ。」

 ブラウンシュヴァイク検察は、排ガス不正スキャンダルに関連して、いくつかの容疑に
ついて捜査を行っている。ひとつはVWの元CEOマーティン・ヴィンターコルンと現職のV
W乗用車部門のトップであるヘルベルト・ディースに対する市場操作の疑いについてだ。
また、ブラウンシュヴァイク検察は、VWグループに対する制裁手続を開始している。

6 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/14(水) 16:53:04.00 ID:9mIMp/p5

「VW株主訴訟の提出期限は一年」の噂に、裁判所に投資家の訴訟が殺到(bloomberg)
                                 2016年9月14日 – 12:00 PM JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-14/imaginary-vw-deadline-prompts-flood-of-real-investor-lawsuits

 フォルクスワーゲン(VW)の投資家は排ガス不正をめぐり、弁護士が予想している
株主訴訟の提出期限に間に合うようドイツの裁判所に殺到している。

 ブラウンシュヴァイク地方裁判所は、VWの排ガス不正発覚から1周年の最初の営
業日である9月19日に向けてスタッフを増員した。VWを提訴したい株主は19日が提出
期限ではないかと懸念している。

 ドイツにおける新たな株主訴訟の洪水は、VWの先行きに対するに懸念に追加され
る。アメリカの規制当局がいわゆる「デフィートデバイス」の存在を発表した後??、VWの
株価は2日間で35%も下落したため、株主は激怒している。

 アメリカ当局は、当時のVWの経営陣が2014年はじめには排ガス不正を知っていた、
と主張している。一つの訴訟には、33億ユーロを求めて約300人の機関投資家が参加
し、もう一つのグループは 7億ユーロ(約805億円)の支払いを求めている。

 VWは情報公開の方法には問題がなく、提訴には根拠がないと主張し続けている。「
内部および外部の法律の専門家による入念な調査の後、専門家委員会から「VWは資
本市場のルールの下で適切な情報開示義務を果たした」とする見解を得た」と、VWは
メールによる声明で発表した。

 Tilpは、ブラウンシュヴァイクの個人株主1000人から提訴を担当すると発表し、多くの
機関投資家とも話をしている。約60億ユーロ(約6900億円)の支払いを求める提訴や、
さらに、新規顧客からの26億ユーロ(約2990億円)の提訴の準備をしているという。

 Tilpは、60人のポルシェSEの個人投資家のポルシェSEとVWに対する提訴も担当してい
る。VWの筆頭株主であるポルシェSEも上場されている。機関投資家はポルシェ株式によ
る損失で5億ユーロ(約575億円)を求めてポルシェの提訴を依頼した。提訴書類は、ポル
シェの本社所在地であるシュトゥットガルトの地方裁判所に提出される。

7 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/15(木) 12:45:14.50 ID:r9Ndl7k3

ドイツ 裁判所、アウディディーラーに排ガス不正車買い取りを命じる(WDR.de)
                           2016年9月14日、午前9時13分 Uhr
http://www1.wdr.de/nachrichten/rheinland/vw-urteil-landgericht-krefeld-100.html

 水曜日(2016年9月14日)、ドイツ クレーフェルト地方裁判所は、クレーフェルトのア
ウディのディーラーに販売済みのデフィートデバイスを搭載した2台の未使用のディ
ーゼル車を買い取り、顧客に購入代金を返還するよう命じた。

決定は驚くべきものではない。8月上旬の公聴会でVWが、ソフトウエアに欠陥はあっ
たが、リコールによって排気ガス規制基準に適合させられることは疑いがない、と証言
したからだ。欠陥商品と知りながら販売すれば、当然売買契約の無効を認められる。
いわゆる補助的なパフォーマンス – ソフトウェアのアップデートで対応する – というの
はあまりにも不合理な方法である。

 裁判所によると、その顧客はVWがリコール以外の選択肢を提供しなかったことを許
せなかったという。原告は意図的に詐欺を行った会社の車を所有する気にはならなか
ったのだ。

 また裁判所は、欠陥はVWから顧客に与えられた唯一の選択肢であるソフトウエア更
新を行えば、おそらくそれに伴う二次的な欠陥が生じる恐れがあるという判断を示した。
リコールで窒素酸化物(NOx)の排出量を低減のそれば、同時にCO2排出量(燃費)の悪
化を招くことになる。当然、顧客はそのことを納得しないだろう。

 裁判所は、顧客がディーラーに契約解除を通告した2016年初めには、連邦自動車局
(KBA)によるVWのリコール計画が承認されていなかったと指摘した。顧客に対して「詐
欺」を働いておきながら、安直な修正だけでごまかそうとしたVW – 正確にはその関係者
の行為 – を決して受け入れるべきではないだろう。

 デュッセルドルフの弁護士マルコ・ロゲルト氏は今回のクレーフェルト地方裁判所の
判決について、ノルトラインヴェストファーレン州初の提訴影響を与える可能性がある、
と考えている。「NRW州の多くの排ガス不正の影響を受けた車の所有者はただでさえ
辛辣だ。そのような決定を待っている、」と彼は語った。

8 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/15(木) 13:39:25.89 ID:fo9M7lZ/

ポルシェがVWの排ガス不正で提訴される(Business World)
                        14/09/2016 2時30分
http://www.independent.ie/business/world/porsche-is-sued-over-volkswagen-emissions-scandal-35046567.html

 フォルクスワーゲンの主要株主であるポルシェSEは、一年前に発覚したVWの排ガス
不正の金融リスクを開示しなかったと主張する投資家からの訴訟に直面している。

 ポルシェSEの広報担当者は昨日、ドイツの法律事務所Tilpによる3件の提訴に引き続
き、法律事務所Nieding +Barth から、VWの議決権付株式の52.2%を保有するポルシェ
SEに対して12件の提訴の通告があったと発表した。

 株式市場における情報開示の問題について多くのドイツの投資家を代表しているTilpは、
すでに投資家の数百人を代表してVWに対する提訴を推進してきた。

 「我々は、すべての提訴は根拠がないと考えている」と、ポルシェの広報担当者は語り、
「ポルシェSEは単なる持株会社であり、VWの経営には関与していなと指摘した。

 ポルシェの投資家は、昨年の9月、アメリカ当局によってVWの排ガス不正が明らかにな
った後、ポルシェSEの優先株式の株価の下落から損失を被ったと主張している。

 ポルシェ本社の所在地であるシュトゥットガルト地方裁判所は、ポルシェとVWをターゲッ
トにした80件の提訴を受けている。

9 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/15(木) 16:07:26.98 ID:ypWPU9wO

V排ガス不正発覚後、VWの欧州シェア減少幅が拡大(Bloonberg)
                       2016年9月15日 – 15:00 JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-15/vw-extends-market-share-losses-in-europe-after-cheating-scandal

 フォルクスワーゲン(VW)は、昨年9月の排ガス不正の発覚後、12ヶ月連続で
欧州での市場シェアを失った。

 ブリュッセルに本部のある??欧州自動車工業会(ACEA)は木曜日、欧州地域の
VWの市場シェアが前年同期の26.8%に対し、2016年8月には26パーセントに減
少したと発表した。8月の業界全体の欧州新車登録台数はVWの6.3%増を上回
る、855466台へ9.5%上昇した。

 8月の欧州自動車市場の利益は、20年間続いた長期低落の後、2013年の金融
危機後に再び底を打って以来、拡大を続けている。この地域経済の見通しの拡大
傾向は、イギリスの欧州連合(EU)離脱の国民投票をきっかけに勢いを失うものと
見られている。欧州委員会によると、EU加盟国28カ国の消費者心理指数は、前月
104.7から8月は103.8に低落した。

 VWが消費者の信頼を取り戻すために苦戦を強いられている一方、フィアットク
ライスラー、トヨタ、ダイムラーなどの他のメーカーは、伝統的に夏休みの需要が
弱いとされている夏休み期間中の8月に、各ブランドは少なくとも17%利益が増加
した。

 2016年の8ヶ月間で、業界全体の新車登録台数は1010万台、7.8%増加した。同
期間中のVWの市場シェアは、前年同期の25.3%から減少し、2011年以来最低と
なる24.1%に縮小した。VWは一年前に排ガス不正が発覚した後、850万台の排ガ
ス不正ディーゼル車の所有者に対する金銭的補償を求める欧州連合(EU)や消費
者団体からの圧力を含むネガティブなニュースが続き販売不振に陥っている。

10 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/15(木) 20:08:04.12 ID:gluYFdRE

VWの排ガス不正スキャンダル集団訴訟提訴が激増(Irish Times)
                             2016年9月15日 木
http://www.irishtimes.com/business/transport-and-tourism/vw-emissions-scandal-leads-to-calls-for-class-action-lawsuits-1.2792113

 ヨーロッパの欧州議員マリアン・ハーキンによると、欧州でクラスアクションの必要
性が注目が集まり、フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正に関する提訴が増え続け
ているという。 彼女は、今週の欧州議会における声明の中で、アイルランド メイヨー
州カスルバーで先週提訴されたVWの排ガス不正をめぐる地方裁判を例に挙げた。

 「このケースは我々にEUレベルで取ることのできるクラス・アクション訴訟の制度が
ないという事実を突き付けている。我々はこの問題に対処しなければならない。VW
はアメリカで集団訴訟の関連して150億ユーロ(約1兆5000億円)で合意した。EU市民
は、自分たちの権利を守る意識ではアメリカ国民に勝るとも劣らない」

 アメリカ当局による調査の後、VWは最終的にデバイスを組み込んだ車が世界中で11
00万台に上り、アイルランドでは該当車が約11万台あることを明らかにした。これは、
VWが所有する、セアト、シュコダ、アウディというブランド名を冠した車種の全体数だ。

 VWは現在、リコールが車の性能に影響を与えないという主張をサポートするデータの
提供を拒否している。

 アメリカにおける合意の当事者だった弁護士、マイケル・D・ハウスフェルド氏は、「私
はこの裁判所の決定は、全世界ののVW排ガス不正訴訟の手続に影響を与えると思う」
と、ハウスフェルド氏は語った。

 VWグループの投資家は弁護士が想像されるという期限に間に合うように、ドイツの裁判
所に膨大な数の提訴のために押しかけている。

 一方、VWは、アメリカでディーゼル車の販売を再開するかどうかは決定していないと言
う。VWは排ガス不正が原因で2015年以来アメリカでのディーゼル車を販売を禁止されて
いる。同社は、現在アメリカの規制当局と交渉中だが、ディーゼル車の販売を再開するた
めの承認は早くても来年中には降りないものと見られる。

11 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/16(金) 00:50:14.84 ID:KGEjRgCi

資産運用会社 ブ??ラックロックが、VWに対して20億ユーロ規模の訴訟に参加
                   2016年9月15日 21:45 JST(Financial Times)
http://www.ft.com/fastft/2016/09/15/blackrock-joins-e2bn-investor-lawsuit-against-vw/

 資産運用会社 ブラックロックは、VWの排ガス不正スキャンダルの取り扱いにつ
いて、20億ユーロ(約2300億円)を求め、フォルクスワーゲンの株主訴訟に参加す
る。 100件の株主訴訟を代表する法律事務所は、金曜日の朝、VWの地元である
ニーダーザクセン州の地方裁判所に提訴すると見られると、ロンドンのピーター・キ
ャンベルが報じた。

 ブラックロックは世界最大の資産運用会社で、VWに3.35パーセント出資しており、
これは、VWの議決権無しの優先株式の保有率では、カタール投資庁に次いで2番
目に大きい個人投資家だ。これはVWの一般株式の1/8にあたり、最大のホルダー
である。

 この訴訟には、ステート・ストリート、ノディアアセットマネジメント、カリフォルニア
州教員退職システム(カルスターズ)、およびマンチェスター年金基金などの重要
な個人投資家も参加する。

 VWは、2014年にはアメリカでディーゼル車の有害物質排出量について疑惑が持
ち上がっっていたにも関わらず、2015年9月まで、公式に全世界で1100万台のディ
ーゼル車に不正ソフトウェアを搭載していたことを明らかにしなかった。

 VWの株価は、排ガス不正発覚後、3分の1以上下落した。株価はわずかに回復し
たが、事態が悪化することを恐れてVW株を手放した投資家は損失を抱えたままだ。

 VWにコメントを求めたが回答は得られなかった。

 250人のVW株主の提訴を担当するT法律事務所 Tilpは、数日中に30億ユーロ(約
3450億円)の賠償を求める同様の提訴を行い、同様の訴訟を提起するほか、他の小
さな提訴も相次ぐと見られる。 法律関連の情報源によると、VWは株主訴訟によって
50億〜80億ユーロの請求に直面する可能性がある。

12 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/16(金) 02:17:11.33 ID:8P5jMwwU

ブラックロックがVWに対する投資家の賠償請求訴訟に参加(Bloomberg)
                           2016年9月15日 – 23:45 JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-15/blackrock-joins-investors-taking-legal-action-against-volkswagen

世界最大の資産運用会社、ブラックロックは、排気ガス試験を違法に回避する
ディーゼル車を1100万台販売したことを認めてほぼ一年後、フォルクスワーゲ
ン(VW)を訴える、増え続ける投資家のリストに名前を連ねる。

 ブラックロックは、「数多くのブラックロック管理の集団投資スキームの投資家
を代表して、他の機関投資家と一緒に、フォルクスワーゲンに対して法的措置を
取り追求していく」と、メールによる声明で発表した。

 VWは、創業以来の危機の打撃から立ち直ろうと必死になっているが、多数の
新たな株主の提訴によってさらなる資金的リスクに直面することになる。ブルー
ムバーグのデータによると、ブラックロックは、世界最大の資金規模を持つ資産
運用会社で、カタール投資庁に次いで、VWの3.35%の株式を持つVWの優先株
式の第二位のホルダーだ。

 VWは、プロセスの各段階で市場をに情報公開をしたと言っている。VWは常に
資本市場のルールを遵守しており、提訴には根拠がない、とVWの広報担当者
エリック・フェルバーは、メールによる声明の中で述べた。

 VWはすでにブラウンシュヴァイク、ヴォルフスブルクの本社所在地を含む法律
管轄地域の380件の投資家の提訴に直面している。一つの訴訟は、約300件の機
関投資家を代表して提訴され、33億ユーロ(約3795億円)の支払いを求めている。

 法律事務所クイン・エマニュアルの主任弁護士、ナディーン・ヘルマンは、明日、
13億ユーロ(約1495億円)の支払いを求める投資家のグループを代表して提訴の
予定であると述べた。彼女はまた、求めて今年初めに提訴された7億ユーロ(約80
5億円)の訴訟も担当している。

13 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/16(金) 09:45:19.18 ID:tccUekoG

VW古参社員が排ガス不正問題で有罪答弁、幹部訴追の可能性も浮上(Forbes)
                                       2016/09/15 11:00
http://forbesjapan.com/articles/detail/13601

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で9月9日、同社の
技術者が米ミシガン州デトロイトの連邦地裁に出廷、ディーゼルエンジンの排
ガス試験をめぐる不正への関与を認めた。1983年からVWに勤務するジェームズ
・リアン被告(62)は、最長5年の禁錮刑と罰金25万ドル(約2,570万円)が科される
可能性がある。

被告の有罪答弁で非常に重要な点は、排ガス規制に適合していないディーゼル
エンジンの搭載車を米国内で販売できるようにするため、VWが虚偽の試験デー
タを提出した詳しい経緯を被告が知っていること。

米国でディーゼルエンジンの性能に関する部門の責任者だったリアン被告は法
廷で、VWが自社のディーゼル車を米環境保護局(EPA)の排ガス試験に合格さ
せるため、「ディフィート・デバイス(無効化装置)」と呼ばれる不正なソフトウエア
を使用している事実を伏せていたことを知っていたと証言。自身の有罪を認めた。

被告はまた、自らが2006年に新型のディーゼルエンジンを設計した技術チームの
一員だったと明言。技術チームは早い段階で、新型エンジンが顧客らの期待に応
えることも、米国の厳しい基準を満たすこともできないことにも気づき、不正なソフ
トウエアを開発したと述べた。このソフトウエアは、排ガス試験中には排ガス浄化
装置がフル稼働して有害物質の排出レベルを基準値以下に抑える。だが、実際の
走行時には走行性能を高めるために浄化装置の稼働を制限するため、ディーゼ
ル車は大量の有害物質を排出する。

被告の検察側への協力は、VWの経営陣を窮地に追い込む可能性がある。同社
はこの1年、上層部は不正行為について認識していなかったと主張してきた。ただ
、昨秋にマーティン・ビンターコルン前会長が辞任したほか、これまでに複数の幹
部が地位を追われている。

14 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/16(金) 11:18:45.13 ID:E6XMFK5p

ブラックロックが排ガス不正スキャンダルでVWを提訴(BBC News)
                                2016年9月15日
http://www.bbc.com/news/business-37379874

 資産運用会社ブラックロックと機関投資家のグループは、排ガス不正スキ
ャンダルをめぐって、20億ユーロ(約2300億円)の支払いを求めてフォルクス
ワーゲン(VW)を提訴した。。

 金曜日、多くの政府系ファンドや年金基金などの投資家がドイツ ブラウンシ
ュヴァイクの裁判所に提訴を行うものと見られている。彼らは、VWがディーゼ
ル車のデフィートデバイスの使用を適切な方法で投資家に情報開示しなかっ
たと主張している。VWは、スキャンダルを超える訴訟の洪水に直面している。

2015年9月に米国環境保護庁(EPA)は、VWの多くのディーゼル車に排気ガス
試験結果を改善するため、違法な「デフィートデバイス」を搭載していると発表
した。株主の請求は、スキャンダル発覚後、VWの株価が下落したことに関連し
ている。2015年9月から10月の2か月間でVWの株価は約45%下落し、いまだに
スキャンダル発覚前の水準より約28%下落したままだ。

 世界最大の資産運用会社の一つであるブラックロックは、「彼らの投資家を代
表して、ブラックロック管理の多くの集団投資スキームに参加している投資家に
代わり、他の機関投資家と並んで、排気ガス試験を違法に回避する「デフィート
デバイス」の使用に関する、VWの不適切な情報開示の誤りを、法的措置を通じ
て追及していく」というコメントを発表した。

 世界最大の政府系ファンドであるノルウェーの石油基金、カリフォルニア州教
職員退職年金基金、マンチェスター年金基金、およびステート・ストリートも、今
回のVWに対する法的措置に参加している。 訴状は、法律事務所クイン・エマ
ニュエルが提出する。この提訴は、6月に提訴された機関投資家によ訴訟をバッ
クアップしたベンサムヨーロッパの資金供給受けている。

15 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/16(金) 17:30:15.20 ID:z6F/1IMO

排ガス不正スキャンダルで損失 バイエルン州に続き、 ヘッセン州がVWを提訴
                    2016/09/16 午前6時20分 Uhr(hessenschau.de)
http://hessenschau.de/politik/hessen-verklagt-vw,hessen-verklagt-vw-100.html

 バイエルン州に続き、ヘッセン州も、フォルクスワーゲン(VW)を提訴した。排
ガス不正スキャンダルによってVWの株価が暴落した。ヘッセン州はVWの株式
を保有していたため、約400万ユーロ(約4億6000万円)の損失が発生している。

 ヘッセン州は排ガス不正スキャンダルによって、VW株の下落により約390万ユ
ーロの損失を被った。ヘッセン州政府は8月の初めにVWに対して法的措置の検
討を発表していた。ヘッセンはVWを提訴した、財務大臣トーマス・シェーファー(
CDU)は、「国は、このような損害賠償請求については、その主張を支持するだろ
う」と語った。

 VW株でヘッセは、その職員のための年金準備金の一部を投資していた。ディー
ゼルスキャンダルが発覚し、ヘッセン州がドイツ連銀の持続可能性指標に従って
投資していたVW株が暴落した。年金積立金の管理者として投資ガイドラインを提
供しているドイツ連銀は、その後、VW株を売却したという。

 シェーファー財務大臣は、機関、個人投資家に対するテストケースと見て、ブラ
ウンシュヴァイク地方裁判所への提訴を推進している。これは、VWが投資家に対
する情報開示義務に違反に抵触する可能性があるためだ。シェーファー財務大臣
は、VWが法律違反を犯した可能性が高いと語った。

 政治的決定はかなりトリッキーだ。ヘッセン州バウナタルにはVWの工場があり、
15,000人以上の従業員がいる。VWの地元ニーダーザクセン州は、提訴を破棄した
。シェーファー財務大臣は、ヘッセン州とは事情が異なる、と答えた。

16 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/16(金) 19:32:43.87 ID:l824lUGg

独フォルクスワーゲンの8月欧州市場シェア、12カ月連続で縮小(Bloomberg)
                               2016年9月15日 15:54 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-15/ODJ93K6K50XS01

ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の欧州自動車市場でのシェアは8月、12カ
月連続で低下した。同社は昨年9月に排ガス試験での不正を認めていた。

 欧州自動車工業会(ACEA)の15日の発表によると、8月のVWのシェアは
26%と前年同月の26.8%から低下。業界全体の8月の欧州新車販売台数は前
年同月比9.5%増の85万5466台。VWの増加率は6.3%にとどまった。

 VWが購入者の信頼回復に取り組む一方で、フィアット・クライスラー・オート
モービルズ(FCA)、トヨタ自動車、ダイムラーなどが需要拡大を追い風にそれ
ぞれ少なくとも17%の販売増を記録した。8月は夏休みのため従来なら自動車
販売が低迷する月とされている。

 1ー8月の業界全体の欧州新車販売台数は7.8%増の1010万台。VWの市場
シェアは24.1%と2011年以来の低水準となり、前年同期の25.3%から縮小した。

17 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 09:16:53.65 ID:NJNurmFN

深まるフォルクスワーゲン排ガス不正の疑惑(Driving)
                  2016年9月16日(金曜日)
http://driving.ca/volkswagen/auto-news/news/motor-mouth-the-volkswagen-conspiracy-deepens

 昨年の9月18日以来、わずか一年であまりにも大きく自動車の世界が変化
してしまったので信じられないかも知れないが、日曜日はフォルクスワーゲン
(VW)の排ガス不正スキャンダルが発覚して最初の一年目ということになる。
その運命の金曜日以来、私たちは信じられないようなVWの嘘とごまかしを目
の当たりにしてきた – そう、GMのイグニッションキーの大失態ともまったく比
較にならない – -このような自動車の世界はかつてフォード ピントが意図的、
構造的な欠陥で爆発してしまうことが発覚して以来見たことがなかった。

 そして、この一周年記念の一週間前、私たちにVWのディーゼルゲートという
陰謀が、どれほど嘘で塗り固められたものだったのかを思い出させるために、
米司法省はジェイムズ・ロバート・リャン氏(起訴状によると、彼は「VWアメリカ
における『ディーゼルコンプライアンスのリーダー』」とされている)との司法取引
を発表し、数々のアメリカに対する詐欺を行い、詐欺の陰謀を計画し、アメリカ
大気汚染防止法に違反したと非難した。

この起訴におけるキーワードは「陰謀」だ。ニューヨーク・タイムズは「司法省が
さらに大規模な刑事犯罪の立件と、VWの経営陣の起訴を目指している」と述べ
た。リャン氏の起訴は、長い刑事捜査の一本の線の始まりに過ぎず、この司法
省との司法取引は、このVWのシニアエンジニアがVWの幹部の中からの「寝返
り」であることほぼ確実だ。

 多くの報道では、リャン氏が5年の懲役刑を宣告される可能性を指摘している
が、アメリカ当局への捜査協力によって、保護観察と執行猶予の付いた3年程
度の刑に減刑されるだろう。

18 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 11:42:16.10 ID:d26pYxCD

アメリカのVWディーゼル排ガス不正スキャンダル捜査がボッシュにまで拡大(Blommberg)
                                     2016年9月17日 午前2:00 JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-16/vw-diesel-cheat-probe-widens-as-u-s-said-to-investigate-bosch

 関係者二人の証言によると、フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正事件につい
て、米検察当局は、VWにソフトウェアを供給していたドイツのロバート・ボッシュが、
排気ガス試験を違法に回避するソフトウェアを搭載したディーゼル車の設計でVW
と共謀した疑いで捜査を進めている、と語った。

 アメリカの自動車産業の歴史上、最も高価なスキャンダルとなった事件の捜査は
続いている。昨年9月、VWは、ディーゼル車に台上試験の時だけ排気ガス浄化装置
を作動させる「デフィートデバイス」を搭載していることを認め、刑事と民事訴訟で、業
界の新記録となる16.5億円ドル(約1兆6500億円)という莫大な罰金に直面している。

 ボッシュに続き第二のサプライヤーの存在も浮上している。先週、デトロイトで検察
官が語ったところでは、裁判書類上では「A社」とされていた、VWが株式の50%を所
有するベルリンに本社を置くサプライヤー、IAV社の協力があったしている。

 書類によると、IAVの従業員は排気ガスシステムを開発するボッシュとVWとのワー
キンググループの一部だったという。ボッシュはVWのデフィートデバイスの開発に深
く関与したことだけではなく、VWがそのソフトウェアをアメリカの路上で使用した時に
アメリカの顧客からの民事提訴に対する法律的な免責をVW側に求めたという。

 ボッシュは、サンフランシスコの連邦裁判所に書類が提出された際、「突拍子がなく
根拠薄弱」とコメントした。

 裁判書類によると、2006年にVWとボッシュが結んだ合意に基づき、IAVの社員は、
特定の排出機能のために作成された「拡大ソフトウェア」のドキュメントへの特別なア
クセス権を付与された35人の中にいたという。VWはIAVの社員に、この件について何
らかの問題が生じた際は、ボッシュにそのソフトウェアの制御を変更する権限を与え
ていたという。ボッシュはまだ裁判所に反論していない。

19 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 12:07:21.17 ID:Kf39HzpT

ブラックロック、VW集団訴訟に参加 排ガス不正で賠償請求 (日経)
                                2016/9/17 11:09
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H1Z_X10C16A9NNE000/

 米資産運用大手のブラックロックが、保有する独フォルクスワーゲン(VW)
株の価値がVWの排ガス不正問題で下落し損害を受けたとして、総額20億ユ
ーロ(約2280億円)の賠償を同社に求める集団訴訟に参加すると決めたことが
分かった。複数の欧米メディアが16日までに報じた。

 ブラックロックは6月末で4兆8900億ドル(約500兆円)の運用残高を抱え、世
界最大の資産運用会社と呼ばれる。この訴訟には、欧州の政府系ファンドや
米国の年金基金なども参加。VWからの不正の開示が遅れ、株価下落を通じ
て株主に損害を与えたと主張しているという。

 VWに対しては米欧の個人や機関投資家から同様の訴えが相次いでおり、
訴訟関連費用がVWの収益や財務の圧迫要因になる可能性がある。

20 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 13:07:25.42 ID:KgLCt1JL

排ガス不正 ブラックロックもVW提訴 大株主2位が集団訴訟参加(Sankei Biz)
                                        2016.9.17 05:00
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160917/mcb1609170500012-n1.htm

 世界最大の資産運用会社ブラックロックは15日、約1年前にディーゼル車の
排ガス不正を認めたドイツのフォルクスワーゲン(VW)を相手取る訴訟に加わ
ると発表した。

 ブラックロックは電子メールで「投資家に代わり、ブラックロックの数多くの集団
投資スキームが他の機関投資家とともに、VWを相手取り法的措置を講じる」と発
表。提訴は「VWが排ガス試験を操作した『不正装置』の使用を投資家に明らかに
しなかった事実に関連する」と説明した上で、それ以上の詳細は手続きが進行中
だとして明らかにしなかった。

 VWはこれまでのところ、排ガス不正の危機があっても強靱(きょうじん)さを失っ
ていないが、株主による複数の訴訟が今後の資金負担増につながるリスクを高め
ている。ブルームバーグのデータによると、ブラックロックはVWの優先株3.35%
を保有する大株主2位。同社の優先株は議決権を持たない。

 VWの広報担当、エリック・フェルバー氏は電子メールの発表文で、プロセスの各
段階で同社は市場に説明し資本市場の規則を常に順守してきたとし、訴えに根拠は
ないと述べた

21 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 14:03:41.05 ID:I6L9Ectc

インタビュー:排ガス規制違反、複数国に法的措置へ=欧州委員(Reuter)
                            2016年 09月 17日 02:56 JST
http://jp.reuters.com/article/eu-vw-auto-idJPKCN11M21M

  欧州連合(EU)のビェンコフスカ欧州委員(産業政策担当)は16日、自動車の排ガ
ス規制監視を怠ったとして、複数の加盟国を相手取り法的措置を講じる方針を示した。

ロイターのインタビューで語った。フォルクスワーゲン(VW)に対し、欧州の不正対象
車保有者に補償するよう改めて呼び掛けた。

同委員は、排ガス規制問題を容認した「すべてではないが複数の」加盟国に対し、正
式に違反手続きを始める意向を表明、現在証拠を集めていると説明した。

手続きは数カ月間かかるとの見通しを示した。対象となる国名について明言を避けた。

22 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 14:27:31.16 ID:p5IMtF7u

マイト レーヤは原発の閉鎖を助言されます。
マイト レーヤによれば、放射能は自然界の要素を妨害し、
飛行機など原子のパターンが妨害されると墜落します。
マイト レーヤの唇からますます厳しい警告と重みが発せられることを覚悟しなさい。
彼はいかなる人間よりもその危険をよくご存じです。

23 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/17(土) 21:57:26.08 ID:74IDVN4E

VWの排ガス不正(時事)
   (2016/09/17-15:41)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091700206&g=tha

 VWの排ガス不正 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、検査時のみ
排ガス低減装置を稼働させるエンジン制御ソフトウエアをディーゼル車に搭載し、
排ガス検査を不正にすり抜けていた。

 米環境当局のリコール(回収・無償修理)命令で2015年9月18日に発覚。不正
車はグループ傘下のアウディやポルシェも含め、全世界で約1100万台に達し、
世界各国で民事・刑事責任を問われている。

24 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/18(日) 08:52:48.39 ID:cFRdkT7S

VWのアウディ開発責任者 排ガス不正で来週辞職 | ビルトアムゾンターク(Reuter)
                                  2016年9月17日| 18:03 EDT
http://www.reuters.com/article/us-volkswagen-emissions-audi-idUSKCN11N0US

 フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正で、アウデの開発責任者が来週辞職する。
ビルトアムゾンタークが伝えた。

 ジョーンズ・デイはアウディ幹部ステファン・ニルシュは、3.0リットルのディーゼルエ
ンジンのチートソフトウェアの使用について知っており、宣誓に背いていたと明らかに
したという。ビルトアムゾンタークが日曜日に報じた。

 ニルシュはすでに辞職を願い出ているという。

アウディはその3.0リットルV6ディーゼルエンジンは、エミッション・コントロールソフトウ
ェアを搭載し、VWかスキャンダルに巻き込まれているアメリカでは違法とみなされるこ
とを認めている。

VW、アウディ、アウディの労働組合会の広報担当者はコメントを控えた。

 アウディのエンジン開発の元責任者は、アウディとVWのトップエンジニア ウルリッヒ
・ハッケンベルク置き換えられた。ハッケンベルクは、コードネームEA189型と呼ばれる
スキャンダルの中心にあるエンジンの開発に密接に関わった他の二人の幹部とともに
休職の後、辞職する。

25 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/18(日) 10:44:48.89 ID:/R1Vpkvv

ポルシェがVWのディーゼル排ガス不正訴訟の餌食に(The Detroit News)
                         2016年9月17日 午後6時13分EDT
http://www.detroitnews.com/story/business/autos/2016/09/17/porsche-caught-vw-diesel-suits/90597198/

 VWの排ガス不正スキャンダルから1周年に先立ち、ドイツの裁判所に提訴に
押しかける投資家のレースで、ポルシェホールディングSEはフォルクスワーゲン
(VW)とともに事件の泥沼に引きずり込まれている。

 機関投資家のグループは2種類の提訴を行い、VWに2.8億ユーロ(約322億円
)、ポルシェに2.2億ユーロ(約253億円)の支払いを求めている、と原告代表の法
律事務所 クラウス・ニールディングは語った。株主は、両社がもっと早く問題を
開示すべきだったと主張している。ポルシェは、VWの上場済株式の株式の過半
数を所有している。

 ドイツ銀行のドイツ地域投資管理部門も、管理しているファンドの損失を補填の
ために提訴の予定だと関係者は語った。匿名の関係者は、他のファンドマネジャ
ーと同様、組織は発生した損失を請求しなければならない。さもなければ顧客の
信用を失ってしまう、と語った。ドイツ銀行の広報事務所はコメントを控えた。

 月曜日の締め切りまでに行われる提訴でVWに対して請求される金額の合計は、
107億ユーロ(約1兆2305億円)以上になるものとみられる。ブラウンシュヴァイク
地方裁判所は、来週、提訴による損害賠償の合計数を発表する予定だ。

 クラウス・ニールディングは、スキャンダルが発覚した時、ヴィンターコルンはポ
ルシェ監査役も兼務しており、ポルシェをポルシェはターゲットだ、と語った。他の
幹部も、両社の取締役を務めていた、という。

公開されるべき情報を知っていた幹部が両社の役職を兼務していたのだから、ポ
ルシェはスキャンダルを知っていた、ととクラウス・ニールディングは語った。

26 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/18(日) 18:21:12.52 ID:01i0Qe8w

VWのアウディ開発責任者 排ガス不正で来週退職 | ビルトアムゾンターク
                        2016年9月17日| 18:03 EDT(Reuter)
http://www.reuters.com/article/us-volkswagen-emissions-audi-idUSKCN11N0US

 フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正で、アウディの開発責任者が来週退職する。
ビルトアムゾンタークが伝えた。

 ジョーンズ・デイはアウディ幹部ステファン・ニルシュは、3.0リットルのディーゼルエン
ジンのチートソフトウェアの使用について知っており、嘘の宣誓をしたという。ビルトアム
ゾンタークが日曜日に報じた。

 ニルシュはすでに退職を願い出ているという。

 アウディは、VWが排ガス不正に巻き込まれているアメリカでは違法とみなされる排ガ
ス制御ソフトウエアを、3.0リットルV6ディーゼルエンジンに搭載していることを認めている。                 

VW、アウディ、アウディの労働組合の広報担当者はコメントを控えた。

 アウディのエンジン開発の元責任者だったニルシュは、ウルリッヒ・ハッケンベルクに
代わってアウディとVWのトップエンジニア 昨年就任した。ハッケンベルクは、コードネ
ームEA189型と呼ばれる、排ガス不正スキャンダルの渦中にあるエンジンの開発に密
接に関わった他の二人の幹部とともに休職扱いとなった後、辞職する。

27 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/19(月) 10:27:31.47 ID:uPXf8NSN

VW 排ガス不正スキャンダル車両改修の完了率は1/10 に留まる(Telegraph.UK)
                             2016年9月19日午前12:01?GMT+1
http://www.telegraph.co.uk/news/2016/09/18/vw-under-fire-as-only-1-in-10-cars-affected-by-emissions-scandal/

 排気ガステストを不正に回避するソフトウエアを搭載したフォルクスワーゲン(
VW)車の改修は、スキャンダル発覚以来1/10しか完了しておらず、イギリスの国
会議員からは「容認できない」という声が上がっている。

 昨秋VWは一年以内に、影響を受けるすべての車を修正すると発表したが、VWが
改修を発表した台数は11万台と全体の10%に過ぎず、VWは是正勧告を受けていた。

 こうした現状に対し、交通特別委員会議長のルイーズ・エルマンは「排ガス不正
スキャンダルが発覚して1年が経過した。VWUKの販売責任者ポール・ウィリスは、
1年以内に修理を完了させると約束したのだから、それができないというのなら、政
府は行動を起こさなければならない。」と、語った。

 現在、イギリスにおけるVWの販売はスキャンダル発覚前より下落している。

 VWは、各国の各モデル毎に承認された修正プログラムを実行するプロセスは「複
雑」だという。イギリスで改修作業の完了を待っている30万人以上の顧客に対しては
すでに詫び状を送った、と語った。

 6月にVWは、147億ドル(約1兆4700億円)を支払うことで合意したが、英国の顧客に
は一切の補償を拒否している姿勢が批判されている。

 消費者団体のアレックス・ニールは「一年が経ち、イギリスの消費者は、なぜアメリ
カの人々が補償を受けているのに、この国の120万人の顧客は補償を受けられない
のか疑問に思っている。政府は早急にVWがイギリスの顧客を公平に扱っているかど
うかを確認する必要がある。」

 法律事務所 レイ デイは、約1万人のVWの所有者を代表し、メーカーに対する法的
措置を準備している。

28 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/19(月) 11:00:53.33 ID:Tw4VcYzn

VW、危機脱却見通せず 排ガス規制逃れ発覚から1年 (Sankei Biz)
                                 2016.9.19 09:20
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160919/mcb1609190500001-n1.htm

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題が発覚して
18日で1年が立った。2015年12月期はリコールや訴訟の費用で巨額赤字に陥
り、追加費用も予想される。信頼回復にはなお遠く、危機からの脱却は見通せない。

 「罪を認めます」。グレーのスーツ姿のVW技術者が今月9日、米中西部デトロ
イトの連邦地裁で、排ガス規制逃れにかかわり、大気浄化法に違反したと認めた。
技術者は最大5年の禁固刑を受ける恐れがあり、捜査に協力する司法取引に応じ
る意向を表明。司法省は内部の協力者を得て、刑事責任追及も視野に捜査を加速
させる方針だ。技術者の証言で組織的な不正が明確になれば窮地に立たされるの
は必至。VWの規制逃れを暴いた米国が、再び「震源地」となる可能性が出てきた。

 「どんな負担がのしかかっても、会社は存続し続ける」。VWのミュラー会長はドイ
ツ紙のインタビューで、危機克服に向けた決意を強調。一方で、経営陣が規制逃れ
を認識していたかについては、言葉を濁した。

 民事訴訟も今後、VWの大きな負担となりそうだ。VWは今年6月、違法ソフトウエ
アを搭載して規制を逃れた不正対象車の買い取りなどの補償を柱に、最大約153
億ドル(約1兆5600億円)の支払いで米当局などと和解することで合意した。

 技術者の証言を得て厳しく追及する司法省とVWが和解にこぎ着けるかは依然と
して不透明だ。和解金はトヨタ自動車が14年に司法省と合意した際の12億ドルを上
回り、自動車メーカー1社の金額としては過去最大になる可能性があるという。

 最大約1100万台に上る対象車のリコールは16年中の完了が目標だったが、改
修方法をめぐり運輸当局の認可にてこずり越年が確実な情勢。DPA通信によると、
対象車のうち約520万台の許可が出たが、全体の半分程度。米国ではリコール計
画を却下されるなど難航している。

29 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/19(月) 17:16:04.20 ID:/S5sMnss

VWに対する提訴で、ドイツの裁判所のファックスはオーバーヒート(Bloomberg)
                             2016年9月19日 – 12:00 PM JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-19/volkswagen-suits-may-have-german-court-s-fax-machine-overheating

 法律事務所 アンドレアス・ティルプとクラウス・ニールディングが裁判所にフォルク
スワーゲン(VW)に対する投資家の訴状を送るために最も必要なことが一つあった。

 金曜日、ニールディングはブラウンシュヴァイクから約350キロ離れたフランクフルト
のオフィスから、5000件の提訴書類を送った。ティルプの1000件以上の訴状は、ドイツ
南部の都市、キルヒェンテリンスフルトのオフィスから500キロ以上の距離を運送され
て月曜日に裁判所に到着する予定だ。

 他に方法はなかった。VWの本社のあるニーダーザクセン州は民事訴訟のための電
子ファイリングを提供していないからだ。ブラウンシュヴァイク管轄の裁判所は月曜日
の受付終了までに数千人の提訴を予想している。

 これまでに開示された訴訟で請求されている総額は 107億ユーロ(約1兆2305億円)。
ブラウンシュヴァイクの裁判所は、今週、提訴請求総額を発表する予定だ。

 この超大型の提訴の山は、この1年VWを悩ませてきたスキャンダルの膨大な請求と
はまったく別の話だ。VWは修理するか、道路上から完全にそれらの車を回収するかと
いう、創業以来最大規模リコールを強制され、課された懲罰的罰金はこれまでどのメ
ーカーに課されたものよりもはるかに大きく、さらに大規模な改修計画まで考える必要
に迫られた。

 投資家の訴訟の山がブラウンシュヴァイクに積み上がっていく一方、スキャンダルの
影響を受けた消費者はブリュッセルに努力を集中している。欧州連合(EU)司法長官ベ
ラ・ヨウロワ氏は、VWに欧州の顧客に補償を提供させるために、9月21日にVWのフラン
シスコ・ハビエル・ガルシア・サンスと会談する予定だ。現在VWは、アメリカ人に対して
数千ドルのパッケージを提供する一方、欧州の顧客には修理しか提供していない。

30 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/19(月) 20:56:20.90 ID:l25RrJcJ

世界中から訴えられるフォルクスワーゲン(Badische Zeitung)
                       2016年9月19日(月曜日)
http://www.badische-zeitung.de/wirtschaft-3/vw-muss-sich-weltweit-vor-gericht-verantworten–127347163.html

一年前、VWの排ガス不正スキャンダルが始まった – 今、VWグループを世界中
で法的トラブルが待ち受ける。

 窒素酸化物(NOx)の排出量を操作する – 1年前、ヴォルフスブルクの地球の反
対側でアメリカ当局に違法詐欺ソフトウェアを暴露された時、排ガス不正スキャン
ダルが襲いかかってきた。その日以来、VWは世界を相手に裁判をしなければなら
なくなった。すでに178億ユーロ(2兆470億円)の請求がVWの許に届いている。そ
れで最後なのかは、誰も知らない。

 VWは、排ガス不正スキャンダルについての情報を適正に株式市場に公開する
義務があった。現時点では、総額40億ユーロ(約4600億円)の株主訴訟を提起さ
れている。その解決には今後何年も掛かる可能性がある。

 多くの欧州のVWの所有者は損害賠償訴訟を起こすようだ。すでにアメリカで、当
局と48万台の影響を受けたディーゼル車の所有者という格好の比較例ができた。
VWは153億ドル(約1兆5300億円)を支払った。8月末までに、欧州でVWに補償を
求める集団訴訟には約20万人が集まった。アメリカにおける3リッターディーゼル車
の対応についてはまだ決まっていない。また、意図的に違法なソフトウェアを組み込
んだ車はそもそも「欠陥車」なのではないか?それが認められた場合、顧客は購入
契約の破棄ができる。                

 ブラウンシュヴァイク検察は刑事事件としてVWグループの幹部と元従業員を捜査
中だ。約30人がターゲットになっている。まずソフトウェアの操作で21人、CO2排出量
を偽り、燃費を改ざんした疑いで6名。また、事件を隠蔽するために情報を消去したと
いう社員。元CEOマーティン・ヴィンターコルン。彼が失脚した後、VWのボスとなった
ヘルベルト・ディースは、金融界への情報開示が遅過ぎたのではないかという容疑。
他の国もVWを研究することに熱心だ。アメリカでは、当局の圧力に、排ガス不正スキ
ャンダル詐欺に長年携わったVWエンジニアが有罪を認めた。

33 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/20(火) 19:44:43.84 ID:LNs7k5Wf

アウディ開発担当取締役「近く退任」 独紙報道 (日経)
                         2016/9/19 5:57
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK19H07_Z10C16A9000000/

 独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正を巡り、独紙ビルトは18日、VW子会
社の独アウディで技術開発部門を率いるシュテファン・クニウシュ取締役が不正を
知っていた疑いが浮上し、近く退任すると報じた。同氏は前任が不正関与の疑い
で退社したのを受け、今年1月に取締役に昇格したばかり。VWの不正は発覚から
1年がたったが幹部人事でいまだに尾を引いている。

 報道によると、VWの委託を受けた米法律事務所ジョーンズ・デイの内部調査で、
クニウシュ氏が排気量3リットルのディーゼル車が排ガス量を操作する不正を知っ
ていたことがわかったという。独メディアは、アウディが22日に正式に同氏の交代を
決めると報じている。

 クニウシュ氏は2013年からアウディのエンジン開発などのトップを務めた。VWと
アウディの技術開発のトップとして長く君臨してきたウルリッヒ・ハッケンベルク氏が
昨年退社したの受け、今年1月に昇格した。VWグループの先端技術の開発を担う
アウディの部門トップが2代続けて不正関連で退任する事態になれば、イメージに
響く可能性もある。

35 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/21(水) 02:53:12.04 ID:YKuIWIto

アウディCEOがVW排ガス不正スキャンダルに巻き込まれるリスクに直面(Bloomberg)
                                    2016年9月21日 – 0:47 JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-20/audi-ceo-risks-being-drawn-into-vw-scandal-amid-spiegel-report

 VW内部の情報提供者によると、アウディのCEO、ルパート・スタドラーは、2010年
以来、ディーゼルエンジンの排気ガス操作について知っていた、と主張している。独
シュピーゲルが報じた。昨年、親会社のフォルクスワーゲン(VW)に発覚した排ガス
不正スキャンダルにアウディも巻き込まれる危険性がでてきた。

 また、VWグループの取締役会のメンバーであるスタドラーは、VWが、今回の排ガ
ス不正についての社内調査を依頼しているジョーンズ・デイによって疑問視されてい
ると、情報源を明らかにせず報じた。アウディの広報担当者ユルゲン・デ・グレーブは
レポートに関する電話による取材にコメントを控えた。

 アウディはすでに、アメリカ当局からデフィートデバイスを3.0リットルのディーゼル
エンジンに組み込んだ.ことを認めており、その搭載車8万5000台のエンジンを生産し
た。アウディはVWのブランドの中でも最も利益率が高く、VWの重要な収益源である。
スタドラーは約10年間ブランド経営を担当し、2010年にグループの理事会に参加して
いる。

 アメリカ当局は、VWの50万台以上の車が意図的に不正なデバイスを用いて排気ガ
ス中の有害物質排出量の測定値を改ざんしたことを昨年9月に明らかにした後、VWは
その歴史の中で最も深い危機に陥っている。

 数は瞬く間に全世界で1100万台に上昇し、記録的な罰金を招来、さらに史上最大の
リコールをVWに強制している。

38 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/21(水) 20:44:55.55 ID:FVpQ4iYS

ドイツの投資家1400人が、VWに82億ユーロ(約9430億円)の支払いを求める
         2016年9月21日(水曜日) 午前12時20分 JST(FOCUS Online)
http://www.focus.de/auto/news/abgas-skandal/sammelklage-im-abgas-skandal-anleger-in-deutschland-wollen-8-2-milliarden-euro-von-vw_id_5967621.html

 排ガス不正スキャンダルに関連して、1000人以上の投資家がVWに対して82億
ユーロ(約9430億円)の支払いを求めて提訴した。今日、ブラウンシュバイク地方
裁判所が提訴金額合計を発表した。

 損害賠償を請求する投資家は、VWグループがディーゼルエンジンの排ガス不
正とそれが明らかになった場合に予想される結果について知らされる必要がある
と主張している。有価証券取引法では、株式公開企業は遅滞なく特定の関連情報
を公開する必要あると規定している。

 排ガス不正スキャンダルが明らかになり、VWグループの株価は2日間で40%急
落した。地裁によると、ドイツ連邦州のうち、バイエルン、バーデン・ヴュルテンベル
ク州、ヘッセン州が投資していた。国が州から公務員の年金資金を預かり、VWの
株式に投資して運用していた。

 地方裁判所は、個人投資家からも膨大な数の提訴が持ち込まれることを予想し
て、その書類を保存するために、専用のアカウントを作成し、「追加のストレージ容
量」と「大幅強化」のスタッフを準備して対応した。1400件の提訴は、通常、一年間
裁判所が取り扱う民事訴訟数の約50%にあたる。

 投資家の主張は、いわゆるテストケースとして明らかにされる。ブラウンシュヴァ
イク裁判所が示した最初の判断が、その後、同様のケースすべてに適用されること
になる。そのため、他のすべての提訴受付はここまで中断されている。

 控訴裁判所は、同様にすべての申請に関連するこれらの問題場合は、パターン
に基づいて明確にしています。モデルケースの判決は、最終的に他の提訴に対す
る下級裁判所の決定のためのテンプレートとして機能する。地方裁判所によると、
判決はVWの2016年第4四半期中に確定することはない見込みだ。

39 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/21(水) 22:34:27.78 ID:2E97qRzi

フォルクスワーゲン株主、計9300億円の損害賠償求める−排ガス不正で
                      2016年9月21日 19:15 JST(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-21/ODUM2I6TTDSD01

 ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の株主らは、同社を相手取り
排ガス不正に絡み計82億ユーロ(約9300億円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

 VW本社のある地域を管轄するブラウンシュバイク地方裁判所は21日の声明で、
現時点で約1400件の訴状を受理したと明らかにした。株主らは不正に関する情報
開示の遅れで損失を被ったと主張している一方、VWはこれを否定している。

 米当局が昨年9月18日にVWの不正を明らかにした後、2営業日でドイツ市場では
同社株価が3分の1下落した。約1100万台のディーゼル車に影響が及んだこの不正
発覚から1周年を迎えたが、株主らはVWが不正を認めてから1年以内に訴えを起こ
す必要があると危惧していた。

 賠償請求額は弁護士らが先週書面で示唆していた107億ユーロをやや下回るものの、
申し立て期限が不透明なため訴訟件数がまだ膨らむ恐れがある。地裁の声明によれば、
全ての訴えを受理するのに約4週間要する可能性がある。 

43 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/22(木) 13:37:29.86 ID:XtKhi5hP

そのメールは、アウディに排ガス不正を促した。
        「『デフィートデバイスなし』それは無理だ」(Handelsblatt)
                       2016年9月21日20時01分 Uhr
http://www.handelsblatt.com/unternehmen/industrie/e-mail-belastet-audi-im-abgas-skandal-ganz-ohne-bescheissen-wird-es-schwierig/14582530.html

排ガス不正スキャンダルは、VWの子会社、アウディにとって、より不快なもの
になってきた。「デフィートデバイスなし」では、アメリカの排気ガス規制を満た
すことは難しい – 2007年、アウディのエンジニアはメールで語った。

 アウディの排ガス不正スキャンダルへの関与をめぐる捜査の圧力は日増しに
高まっている。2007年、アウディのエンジニアは、当時の経営陣など、社内の広
いグループに対して、アメリカのディーゼル車の排気ガス規制基準に適合させる
には「デフィートデバイスなし」では不可能、という内容のメールを送信していたこ
とが分かった。排ガス不正の原因解明を行っている法律事務所 ジョーンズ・デイ
の調査結果を引用して南ドイツ新聞、北ドイツ放送、西ドイツ放送が伝えた。

 今やインゴルシュタットは排ガス不正スキャンダルで決定的な役割を果たした容
疑者である。アウディはすでに違法ソフトウェアを使用したことを認めている。要す
るにアウディはどのように詐欺を行うかをずっと考え続けてきたのである。

 水曜日、アウディの広報担当者はこのニュースに対するコメントを控えた。

 アウディは、アメリカで禁止されている排気ガス制御技術を搭載した、約8万5000
台のディーゼル車の問題を抱えている。VWグループは、まだアメリカ当局とのプロ
グラム削除についての解決策で合意に至っていない。

 VWは、2015年9月、アメリカの排気ガス試験を回避するために、違法ソフトウェア
を組み込んだディーゼル車を2008年から販売してきた、というEPAの告発を受け入
れる形で認めた。新聞報道によれば、アメリカ捜査当局は、不正ソフトウェアの開発
と実装で、多くのアウディ幹部やエンジニアが関与していた証拠を掴んでいるという。

44 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/22(木) 20:11:19.34 ID:qOIRFPbY

VWの排ガス不正スキャンダル アウディ、排ガス不正に深く関与した疑い
                             2016年9月22日(Auto Car)
http://www.autocar.co.uk/car-news/industry/vw-emissions-scandal-audi-dragged-further-dieselgate-affair

 ドイツのメディアに漏れた文書によると、アウディのディーゼルエンジン開発エンジ
ニアは、当初考えらrていたより、フォルクスワーゲン(VW)グループ内のディーゼル
エンジンの排気ガス操作に深く関与していたことが明らかになった。

 今回、南ドイツ新聞が伝えたメールの内容は、アメリカの法律事務所 ジョーンズ・
デイによるVWの内部調査によって明らかになったもので、アウディのエンジニアが、
アメリカの厳しい排気ガス規制に適合させるために、試験中のみ、3.0リッターターボ
チャージャー付ディーゼルエンジンの排気ガスを操作する意思決定のプロセスに積
極的に関与していたことを明らかにした。

 VWの上級管理職の広い範囲に送信され、回覧された2007年のメールでは、アウ
ディのエンジニアが窒素酸化物(NOx)排出量の厳格なアメリカの規制を遵守する困
難さを語っている。

 「不正行為をしなければ、我々はアメリカの制限を満たすことができない。」

 これまで、アウディはそのエンジニアは、それが米国の当局とエンジンの電子制
御装置の具体的な詳細を開示することを怠っていただけで、排気ガス操作への関
与を否定している。

 このジョーンズ・デイによって続けられている社内調査で、3.0 TDIエンジンの開発
に関与した4人のエンジニアまで示唆しているものの、この最新のディーゼルゲートに
関する証拠について、アウディ広報担当者はコメントを拒否した。

45 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/23(金) 08:33:26.48 ID:OoReLnAs

VW 技術的な問題発生 中核工場でのゴルフ生産を停止(Reuter)
                   2016年9月22日| 午後4時57分 EDT
http://www.reuters.com/article/us-volkswagen-production-idUSKCN11S2M6?il=0

フォルクスワーゲン(VW)は、VWの中核工場であるヴォルフスブルク工場のプレス
工程で技術的な問題が発生したため、金曜日から3日間、ゴルフハッチバックの生
産を停止すると発表した。

プレス工程の機械内部のピストンロッドが破損により、VW最大の工場におけるVWの
ベストセラーモデルの生産が金曜日、月曜日と火曜日に中断していたことをVWは木
曜日に明らかにした。

「車体の横部分の部品の生産が滞り、その後の工程における組立ができない状況だ」
と、VWはメールで声明でを発表した。

6万人を雇用し、ピーク時に一日あたり最大3800台の生産で有名ヴォルフスブルク工
場、の労働者の失われたシフトを取り返せる目途はまだ立っていないという。

この混乱は、2つのサプライヤーがヴォルフスブルクに部品を提供することを拒否し、
他の工場での広範囲に及ぶストライキでドイツにおける生産にダメージを与えた紛争
から1ヶ月後、ヨーロッパ最大の自動車メーカーでの事業運営に新たな傷害を引き起
こしている。

VWは1年前、アメリカの排気ガス試験でディーゼル排気ガスの不正な操作が発見さ
れ、数十億ドル規模の罰金・訴訟コストの負担に喘ぎ、企業体としての信用が低下し
ている。

49 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/23(金) 23:00:35.86 ID:P7Il62dp

アウディが予想以上の役割か VWの排ガス不正、証拠検出(NNA Europe)
                                     2016/09/23(金)
http://europe.nna.jp/articles/show/1511029

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で、同社の高級車
部門アウディが予想以上に大きな役割を果たしていた可能性が出てきた。アウ
ディのエンジニアは2007年、幹部宛ての電子メールに「まったく不正なしに米国
の厳しい排ガス基準を満たすのは不可能」と書いていたという。南ドイツ新聞が
22日伝えた。

この電子メールは、VWからの委託で米法律事務所ジョーンズ・デイが進める
内部調査により発覚した。また、アウディでは既にエンジン設計責任者4人が職
務停止処分となっているという。これら4人は不正なエンジンの開発に関与したか、
それについて知っていた疑いが持たれており、この中にはシュテファン・クニウシ
ュ技術開発担当取締役が含まれているもようだ。独日曜紙ビルト・アム・ゾンター
クは先に、同取締役が違法ソフトについて知りながら偽証していた疑いで停職に
なったと報じていた。

アウディはかねて、3リットル・6気筒ディーゼルエンジンに違法ソフトを搭載して
いたことを認めている。ただジョーンズ・デイの調査では、同社エンジニアが排ガ
ス不正に不可欠な役割を果たしていた証拠が次々と発覚しており、VW内部では
いまやアウディが「不正の源」とみられているという。VWはジョーンズ・デイによる
内部調査の内容を一切公表していない。

■VW株主による賠償請求額、82億ユーロに
北部ブラウンシュバイク(Braunschweig)の地方裁判所は21日、VWの排ガス不
正問題をめぐり、同社株主が現時点で1,400件の損害賠償訴訟を起こしているこ
とを明らかにした。請求総額は82億ユーロ(約9420億円)に上るという。

55 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/25(日) 05:06:58.88 ID:uJoKXWME

jimさあ
いい加減こういうの遮断できないかね
かなりやられてるぞ

58 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/25(日) 15:26:01.01 ID:DtmckOWH

VW、ボッシュが欧州裁判所からの排ガス不正関連書類の提出を拒否
            ヨーロッパ2016年9月24日(Europe Online Magazine)
http://en.europeonline-magazine.eu/vw-bosch-seek-to-withhold-us-emissions-docs-from-european-courts_486143.html

 ドイツの自動車メーカーフォルクスワーゲン(VW)とエレクトロニクスの巨人、ボッシ
ュはアメリカの捜査当局に提供した排ガス不正に関連する膨大な内部資料の提供を
土曜日に拒否した。

 欧州で進められているVWに対する提訴手続書類作成のために、この一年、VWが
巻き込まれている排ガス不正スキャンダルに関連する、VWがサンフランシスコの裁
判所に提出した資料を提供するよう求めていた。

 VWは、排気ガステストを不正に回避するため、約1100万台のディーゼル車に違法
なソフトウェアを搭載していたことを認めた。サプライヤー、ボッシュは、いわゆる「デ
フィートデバイス」の開発に重要な役割を果たした疑いが持ち上がっている。

 2社は、すでにドイツの裁判所に対する個人投資家による1000件以上の損害賠償請
求訴訟を考慮して、アメリカの捜査機関によって収集された約20万ページ以上の資料
の提供を拒否している。

 VWとボッシュは、資料はアメリカのの管轄区域内の手続のために特別に作成して、
アメリカ捜査当局に提供したものであり、他の地域では不適切なものだ、と主張して、
同じ資料を欧州検察官を提供することを拒否した

 VWとボッシュの代表者は「米国の裁判所は資料の公開を拒否すべきだ」述べた。

59 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/25(日) 20:25:15.02 ID:yDtuatRn

排ガス不正隠蔽工作の背後にヴィンターコルン 新たな疑惑が浮上(Forbes)
                     2016年9月25日午前2時13分AM(GMT-4)
http://www.forbes.com/sites/bertelschmitt/2016/09/25/winterkorn-behind-dieselgate-coverup-new-docs-suggest/#4266c6316da7

 元フォルクスワーゲンCEOマーティン・ヴィンターコルンが、排ガス不正スキャンダ
ル発覚のはるか以前から知っていたと、ドイツのビルド紙が報じた。記事は、ヴィンタ
ーコルンが事件の隠蔽を図ろうとしていたことを明らかにしている。

 ビルド紙は、2015年7月30日付の「アメリカによるディーゼル承認」と題したVWの社
内文書について触れ、その中で、二人のVW社員と、「非公式の情報交換のための副
執行役員博士アヤラ」こと、カリフォルニア大気資源局(CARB)のアルベルト・アヤラ
との会合の模様を伝えており、VWのディーゼルエンジンの「問題」を「部分的に開示」
すべきだ、とメモでは述べている。「この『手順』は、2015年7月28日にヴィンターコルン
教授によって確認されている」と、ビルド紙は報じている。

 メモが書かれた前の日に、VWの様々な部門の専門家による定期的な社内の危機
対策会議で、「問題」がVWの「Schadenstisch」(被害規模)として話題に上った。「CO2
の話か?」と、ヴィンターコルンは尋ね、「いえ、窒素酸化物(NOx)です」という返答が
あった。ビルド紙は「遅くともこの時期までに、ヴィンターコルンは全てを知っていた。」
と報じている。

 最近、ドイツの裁判所に、VWの株価の暴落によって数十億ドルを失ったと主張する
投資家による訴訟が殺到した。その請求された損害賠償総額は、約120億ドル(1兆
2000億円)に達する。

 VWに対するこれらの訴訟は、規制がゆるいことで有名なヨーロッパの排気ガス規
制の違反よりもはるかに大きな脅威になる可能性がある。ビルドによると、ドイツの検
察官が多数のVWのエンジニアに10〜15万ユーロ(約1150〜1725万円)の罰金を払
うことで合意を求めている。エンジニアにとってそれは「VWの法的保護の適用範囲を
外れることにになり、自分で弁護士費用を支払わなければならない」事を意味するた
め、司法取引に応じることができないのだという。

61 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/26(月) 14:08:52.30 ID:iZRg+TyD

VW前CEO ヴィンターコルンの排ガス不正隠蔽工作の疑惑が浮上
       2016年9月25日、18時40分 Uhr(Suddeutsche Zeitung)
http://www.sueddeutsche.de/wirtschaft/volkswagen-vertuschungsverdacht-1.3177938

 現在、非常に厄介な問題を抱えているフォルクスワーゲン(VW)を、さらに窮地
に陥れる疑惑が浮上した。ブラウンシュヴァイク地方裁判所に押し寄せた株主訴
訟の波では、VWの株主に対する情報開示の遅さが問題となっているが、排ガス
不正スキャンダルが明るみになる数ヶ月前の、遅くとも2015年7月までにはVWの
社内会議で、VWの前CEO、マルティン・ヴィンターコルンは排ガス不正に関する
報告を受けていた。

 ブラウンシュヴァイク検察へのVWの供述によると、「この会議では明確にヴィン
ターコルンにアメリカの排気ガス規制基準に適合していないと伝えていない。全く
曖昧だ。ヴィンターコルンは何かを聞いたかもしれないが、本当に知らなかった」
と、語っているという。

 ビルトアムゾンタークによれば、ヴィンターコルンは排ガス操作を知っていたし、
その後も対応を見せているという。「ディーゼル承認」と題された、2015年7月30日
の、VWの二人の社員がアメリカ当局者にディーゼルエンジンの詳細について説
明する非公式会合について、アメリカ当局に「部分的」にのみ「開示」すべきとして
いる。この会合の内容については、2日前に「ヴィンターコルン教授によって確認」
されていた。つまり、ヴィンターコルンは、現在までに自身とVWが主張している以
上のことを知っていたということになる、と報じている。

 その2ヶ月後、米国環境保護局(EPA)はデマを流し、VWはその歴史上最悪の危
機に陥った。ヴィンターコルン?EPAのオフィスからのありがたい教示の数日後に
お別れである。去る前に、最高経営責任者であった彼は「過去数日間に起こったこ
とにショックを受けた」と述べ、「VW内部でこのような犯罪が可能だったとは信じら
れない」と、語った。彼も個人的欠陥を抱えた人間ではなかったということか。今日
までヴィンターコルンは、このバージョンの見解を維持している。ただし、この見解
のバージョンは新しくする必要性が出てくるかもしれない。

62 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/26(月) 22:05:44.81 ID:RNB0F8OE

アウディ 開発責任者が辞任 排ガス不正スキャンダル発覚後 2人目(Bloomberg)
                             2016年9月26日 – 8時35分PM JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-26/audi-loses-second-development-chief-in-wake-of-vw-diesel-scandal

 フォルクスワーゲン(VW)グループで最も収益性の高いアウディの開発責任者、
ステファン・ニルシュが辞任した。

排ガス不正スキャンダル発覚後、アウディの開発責任者の辞任は、これで 2人目。

 アウディは声明で、ニルシュは「監査役会との合意」に基づき、社内に留まるとい
う。以前、VWグループのエンジンとトランスミッションの開発を実行したニルシュは、
10ヶ月未満でアウディのトップエンジニアの椅子から降りることになった。VWグルー
プはニルシュの突然の辞任の理由について言及しなかった。

 VWの技術開発の部門であるアウディは、最近数週間の社内調査で、今回の排ガ
ス不正スキャンダルの発端と見られている。アメリカではすでに2リッターのディーゼ
ルエンジン搭載車についてはアメリカ当局と合意したが、アウディが開発された3リッ
ターディーゼルエンジンは、いまだアメリカの規制当局との合意に至っていない。VW
から排ガス不正スキャンダルの社内調査を委託されているアメリカの法律事務所ジョ
ーンズ・デイは、年末を目途に包括的な報告書を提出する見込みだ。

 ニルシュは、VWグループ内のエンジン開発に関与する他の幹部と一緒に、昨年ア
ウディを去った、前任者であるウルリッヒハッケンベルクの失脚に伴い昇進した。ハッ
ケンベルクは、2015年9月に発覚した排ガス不正スキャンダルでその座を追われた、
前VW最高経営責任者(CEO)マーティン・ヴィンターコルン、の親しい友人だった。

68 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/27(火) 15:26:45.54 ID:rte3CyML

VWとボッシュ、連邦裁判所に排ガス不正スキャンダル関連書類の非開示を要求
                           2016年9月26日月15:58 EDT(Reuter)
http://www.reuters.com/article/us-volkswagen-emissions-idUSKCN11W2BF

 フォルクスワーゲン(VW)とサプライヤー、ロバート・ボッシュは、欧州の投資家や
車の所有者が、2000万ページ以上に上る排ガス不正スキャンダル関連書類にアク
セスできないようアメリカ連邦裁判所に求めた。

 VWは2015年9月、アメリカの排気ガス試験を不正に回避するソフトウェアを搭載し
ていたことが発覚し、現在、サンフランシスコで1,200人以上の訴訟に直面している。
VWはすでに一部の所有者、ディーラー、アメリカ政府当局に対し、165億ドル(約1
兆6500億円)を支払うことで合意している。

 VWは金曜日に裁判所に提出した書類で、、現在、他の法的追及のために利用さ
れている、司法省の犯罪捜査のために提供した2000万ページ以上に上る資料の公
開をやめるよう求めた。VWは捜査資料の公開が中止されるよう期待している、という。
さらにVWは、裁判官に対して、「あまりに露骨な要求は完全に拒否」するように求め
ている。

 VWはまた、ドイツ当局が、「潜在的に公式調査を弱体化させる」ため、資料公開の
要求を拒否している、と述べた。

 ボッシュも、資料が不適切にカリフォルニア州で提出されたと主張し、資料の公開を
やめるよう求める書類を、金曜日に裁判所に提出した。ボッシュは、200万ページ以上
の資料を提供しているとし、「国際的なデータプライバシー法の許で保護されるべき、
競争上重要なビジネス文書や機密情報が含まれている」と、述べた。

 書類を求めている欧州のグループには、イタリアでVWを提訴した消費者団体「アルト
ロコンシューモ」、ウォルヴァーハンプトン市議会、英国の地方自治体年金基金に代わ
って資料提供を求めている地方政府、そして、オランダの和解基金、まだオランダで訴
訟を提起していない所有者や投資家を代表するグループなどがある。

71 :情報発信元:七七四通信社:2016/09/28(水) 13:38:05.89 ID:IWBZb26m

アメリカ司法省の罰金はVWを破綻させるか?(247wallst)
              2016年9月27日午前2時08分 EDT
http://247wallst.com/autos/2016/09/27/could-a-us-fine-put-volkswagen-out-of-business/

 2016年6月、フォルクスワーゲン(VW)は、米国環境保護庁(EPA)、カリフォル
ニア州、連邦取引委員会(FTC)他と、総額147億ドル(約1兆4700億円)を支払う
和解に合意した。しかし、VWの苦境は、これで終わりどころかまだ始まったばか
りに過ぎない可能性がある。

 ブルームバーグは「米司法省は、排ガス不正をめぐる刑事捜査に関連して、V
Wを倒産させることなく科すことのできる最大の罰金額を検討している」と報じた。

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、2月に、「訴訟費用の総額が400億ユー
ロ(約4兆5000億円)を超えた場合、資金流動性に深刻な影響をもたらすため、V
Wの格付けの引き下げを検討する」と発表している。

 その基準で考えれば、アメリカの集団訴訟とドイツの訴訟で最大の損害を考慮
した後、VWはまだ、他の訴訟や調査関連費用を吸収するために約200億ドル(約
2兆円)の潜在的な損失を考慮しなければならない。

 アナリストのジョエル・レヴィントンによると、「VWは、支払期間を長期に設定す
れば、法外な罰金を賄う、豊富な資金力を持っている」と語る。「VWは2018年には
販売が回復すれば、5億ドル(約500億円)のフリーキャッシュフローを生み出す可
能性がある」という。「VWは司法省に支払う罰金がいくらであれ、それほど困ること
はないだろうが、望んでいもいない重荷を背負わされる投資家にしてみれば、救済
を求めて訴訟を起こしたくなるかもしれない」。

 VWに対する罰金額が、司法省が企業に科す罰金額の過去最高額になる可能
性は低いが、司法省が排気ガス規制を蔑ろにしたVWに相応の代償を支払わせ
たいと考えていることは確実で、他の自動車メーカーに対して、町にはいつも怖い
「おまわりさん」がいる、という警告になるだろう。

81 :情報発信元:七七四通信社:2016/10/02(日) 11:59:28.41 ID:B8asMYV5

VW排ガス不正スキャンダル VWがアメリカのVWディーラーに1200億円支払い
                     2016年10月2日 日曜日(Big News Network)
http://www.bignewsnetwork.com/news/248171985/emissions-scandal-volkswagen-agrees-to-pay-up-to-12-billion-to-its-652-us-dealers

  長引いているフォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正スキャンダルで、VWは、
スキャンダルによって損失を被った米国のディーラーを補償することに合意した。
VWがアメリカのVWディーラーに12億ドル(約1200億円)を支払うこの合意では、
VWとの合意をせず、独自にVWを提訴するディーラーも少なからず存在する。

 所有者との合意では、VWは、問題となった47万5000台の2.0リッターディーゼル
エンジン搭載車の買戻しと改修に100億ドル(約1兆円)を支払うことになっている。
これまでのところ、約3,300人が合意案を承諾せずに、裁判でVWの責任を追及す
る道を選び、31万1000人が合意実施にすでに参加登録を済ませているという。

 所有者の弁護士、エリザベス・キャブレーサーは声明で、「所有者のVWの提訴
には非常に大きな支援があり、大きな利益を得ることができるだろう。」と語った。
連邦裁判所判事チャールズ・ブレイヤーは、10月18日に最終的な合意承認を行
うものと見られる。

 カリフォルニア州大気資源委員会(CARB)は、2014年、VWのディーゼルエンジ
ン車が排気ガス規制に不適合であることを指摘して以来、VWを非難し続けてきた。
2015年9月、VWは排ガス不正を認め、スキャンダルが発覚した。

 ディーラーは「勇気を出して行った投資が、スキャンダルのせいで最悪の影響を
受けた」という。金曜日、アメリカ司法省は、裁判所への書類提出の際に、「これら
の車両の排出する汚い排気ガスを浄化する技術的な解決法を提供する。」と語り、
さらに、「民事訴訟によって(VWに対して)完全に説明責任を果たすよう、厳しく追
及し続ける。」と語った。

85 :情報発信元:七七四通信社:2016/10/04(火) 03:25:40.87 ID:J2soipjm

排ガス不正発覚後、VWのアメリカ年間販売台数が引き続き減少(Bloomberg)
                               2016年10月3日 – 23:44 JST
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-10-03/vw-brand-u-s-sales-fall-a-year-after-diesel-cheating-revealed

 アメリカでのフォルクスワーゲン(VW)ブランドの販売台数が9月に7.8%減少し、
11か月連続の減少となった。

 VWブランドの9月の総販売台数は2万4112台。3人のアナリストの推定平均値は
8%の減少だった。SUVのティグアンが2988台とに0.5%増で過去最高となった他、
ジェッタが6.8%増だったものの、ゴルフやビートルのは13%減、パサートは12%減
だった。

 販売台数の減少は排ガス不正スキャンダルによるものだ。VWは昨年、台上試験
の時のみ排気ガス浄化装置を稼働させる「デフィートデバイス」をディーゼル車に搭
載していることを認めた後、アメリカにおける民事訴訟の罰金額としては業界新記録
となる、165億ドル(約1兆6500億円)を支払うことで合意した。VWは、ドイツの数州とド
イツの投資家による提訴にも直面しており、投資家からの損害賠償請求額は92億ドル
(約9200億円)に上っている。

 VWは、排気ガス規制値の約40倍もの有害物質を吐き出す不正行為の発覚直後、
販売奨励金の増額による値引き販売を行い、昨年9月の販売台数は0.6%増加し、翌
月も0.2%の増加だった。VWのアメリカにおける販売台数は、それ以来、減少し続けて
いる。現在、販売禁止されているディーゼルモデルは、VWブランドのアメリカにおける
販売台数のの20%以上を占めていた。

91 :情報発信元:七七四通信社:2016/10/06(木) 02:43:06.29 ID:WFGXCy/r

意見 | ディーゼルゲートに巻き込まれたVW(Deutsche Welle)
                            2016年 10月 5日
http://www.dw.com/en/opinion-vw-caught-in-the-dieselgate-vortex/a-19557670

 時々、ドイツ・ヴォルフブルクのVW本社に取材に出かけて、VWの人々が排ガス不正
を「ディーゼルの件」と呼び変えて幸せに感じているように思う事がある。危機は「新た
な扉を開いた」と、CEOマティアス・ミューラーは、VWの本社工場のスタッフミーティング
で数日前に語った。それもひとつの見方だが、VWがより強くなってこの危機から抜け出
せる保証はない。

 VWは自動車業界で世界一になるという常軌を逸したアイデアに憑りつかれた。CEO
マーティン・ヴィンターコルンを頂点に、他の者はすべて彼にひれ伏す、まるで帝政ロシ
アさながらの組織だった。それ以来、スキャンダルがVWを根本から揺さぶり続けている。

 VWは排ガス不正を認めるのに2年以上掛かった。このことがアメリカの消費者の脳裏
から消え去ることはない。彼らはVWにその裏切りに対する重い代償を支払わせ、どんな
に時が流れてもそれを思い出し続けるのだ。

 多くのアメリカの州は、投資会社や年金基金に続いて、VWを提訴しようとするはずだ。
だが最初の訴訟の開廷が宣言されても、ネガティブな報道がすでに数ヶ月間続いている
– どんなにVWが努力をしてもそれは避けられない。

 新聞の見出しで人々は思い出す。「これが私たちを裏切った詐欺師です!」と。

 VWはこの一年、自分自身のことで手一杯だ。VWが委託したアメリカの法律事務所によ
る社内調査は、年末までに調査結果を公表できそうにない。しかしこの調査は古傷を開く
ばかりだ。アメリカと欧州のリコールは進行中だが、多くのディーゼル所有者はまだVWデ
ィーラーからの連絡を待っている。VWがアメリカの顧客に支払った報酬がヨーロッパの顧
客には望むべくもないことを考慮すると、ヨーロッパの顧客は「二級の客と扱われているよ
うに感じるはずだ – そして、それはまさしくその通りだ。

 ディーゼルゲートは、やはり長い時間、ヴォルフスブルクのバスの前席の乗客である。

95 :情報発信元:七七四通信社:2016/10/12(水) 04:19:03.70 ID:nTlYPUX6

VWは正直になりたい – ほんの少しだけ(Suddeutsche Zeitung)
                 2016年10月11日、午後6時11分 Uhr
http://www.sueddeutsche.de/wirtschaft/vw-volkswagen-will-ehrlicher-werden-wenigstens-ein-bisschen-1.3199958

 VWは排ガス不正発覚後、すぐさま多くの車種の改修方法を提示して多くの
人々を驚かせた。VWは信じられない数字を提示したいと考えている。193KW
を発生する3リッターTDIエンジンを搭載するトゥアレグの燃費は悪化する。地
球温暖化に直結する二酸化炭素(CO2)の排出量は、1あたり6g上昇する。
また、110 kWを発生する2リッターディーゼルエンジン搭載のパサートもメー
カー公称値から性能が低下する。複数の車を使用してテストを行った結果、
1あたり2gのCO2排出量が悪化することが明らかになった。誰が突然自分
の車の性能低下が起こる改修を望むだろうか?
      
 今やVWは「嘘つき」と呼ばれている。ディーゼル車の排ガス不正スキャンダ
ルの結果だ。ヴォルフスブルクは「詐欺と偽装の企業グループ」というイメージ
の一刻も早い払拭に懸命になっている。

 VWは長年、ディーゼル車の排気ガス中の有害物質排出量を違法なデフィー
トデバイスで操作してきた。当局によって承認された1100万台のディーゼル車は
、はるかに有害な窒素酸化物(NOx)を排出していた。事件が明るみになり、VWが
積極的にCO2排出量を偽装していたことが判明した。偽装はNOxにまで及んでい
たことは間違いない。そして、それは驚くべきことではない。VWのCEOマティアス・
ミューラーは、VW内部からも 「これは、将来的に適切な方法ではない」という声が
上がるほどの、さらなるイメージダウンのリスクを覚悟の上で、こうした改修に取り
組んでいるのだ。

100 :情報発信元:七七四通信社:2016/10/13(木) 20:48:31.89 ID:EoaJnSHR

VW、トラック部門MANの労働者の契約を2025年まで保証(Reuter)
                       2016年10月13日 木 6:32 EDT
http://www.reuters.com/article/volkswagen-man-idUSL8N1CJ2UR

 フォルクスワーゲン(VW)は、10月13日、同社のトラック・バス部門、MANの
労働者との契約を 少なくとも2025年まで保証する。関係者が語った。

 契約の保証はドイツとオーストリアのスタッフに適用され、それより前に契約
が終了しない場合は、自動的に2030年まで延長されると、関係者が木曜日、
ロイターに語った。

 MANのトラック部門の労働者は、来週木曜日にミュンヘンでのスタッフミーテ
ィングで計画について説明を受けることになっているという。

 VWとMANトラック・バスのコメントは得られていない。

174件をまとめました。
最新情報はこちら

DUGA